社員教育の担当に向いているのはこんな人!

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人ほど、社員教育の担当には向いていると言えます。なぜなら、社員教育のほとんどはコミュニケーションの時間となるのが普通だからです。社会人になりたての人は、専門用語にも疎い可能性があります。難しい用語等も噛み砕いて説明ができないと、相手に言いたいことも伝わりません。自分勝手なペースで一方的に話をする人は、こうした仕事には向いていません。きちんと新人一人一人と向き合って、スムーズにコミュニケーションが取れるかどうかが重要になります。ただ厳しいだけでは今の新人は付いてきてくれませんから、温厚で相手の気持ちを思いやれる人の方が向いている可能性が高いです。もちろん、パワハラやセクハラをしない誠実な人であることも条件になります。

現場での経験が豊富な人

新人教育をするときには、現場での経験が何よりも重要になります。自分が失敗をしたことがあれば、気をつけるべきポイントも勉強ができているはずなので、それを新人社員に直接伝えることができます。聞きかじった話ではなく、実際の体験談なら、説得力も増します。これは、成功体験にも共通して言えることです。失敗と成功を数多く経験してきた人ほど、いい先生となれるのはどの業界でも同じことでしょう。ですから、結果としてはある程度以上ベテランの人ほど教育係には向いていると言えます。ようやく仕事に慣れてきたという人よりかは、定年間近の人の方が、新人に語るべきものを多く持っていることでしょう。さらに、新人に対する愛情があるというのも大事な条件の一つになります。

新人研修とは、企業が新人社員に対して実施する研修のことです。会社組織での業務を円滑に行うために、最低限必要な知識やビジネスマナーなど基本を学びます。一部の内容の研修を外部委託する企業もあるようです。